シェアオフィスの賃貸物件での法人の会社の登記についてのご質問を頂きました。

高山さん
シェアオフィスでも会社の登記って出来るんですか?

今回はこのご質問にお答えいたします。

シェアオフィスでも会社の法人登記は出来ます

結論からお教えいたしますとジテキベース仙台シェアオフィスでは「会社の登記が可能」です。

シェアオフィスによっては登記が不可の物件もありますがジテキベース仙台シェアオフィスでは可能となっています。

しかし登記を行う為のいくつかの条件があります。

登記の条件

  • 賃貸契約が「シェアオフィス」での契約に限る(コワーキングスペースでの契約で登記は付加)
  • 設備で「郵便ポスト契約」が必須

賃貸契約が「シェアオフィス」での契約に限る

ジテキベース仙台シェアオフィスの賃貸契約には「個室シェアオフィス契約」と「コワーキングスペースの固定テーブル席契約」の2種類の契約があります。

会社登記を希望される方は「個室シェアオフィス契約」の方とさせて頂きます。

賃貸契約について詳しくは「ジテキベース シェアオフィス月額賃料・設備」のページでご確認下さい。

設備で「郵便ポスト契約」が必須

また会社の登記をする方は設備契約で「郵便ポスト使用契約」の締結をお願いしていおります。

会社の法人登記ですので書類などの郵便物が発生いたしますのでご理解下さい。

設備について詳しくは「ジテキベース シェアオフィス月額賃料・設備」のページでご確認下さい。

シェアオフィスで会社の登記をするメリットとデメリット

まだまだ仙台では馴染みの少ないシェアオフィスでの会社登記ですがそれぞれのメリットデメリットについてご説明させて頂きます。

シェオフィスで会社の登記をするメリット

シェアオフィスで登記のメリット

  • 最新のクリエイティブな企業として見られる
  • 常に情報を得れる環境で会社を経営し続けられる

これはやはり取引先の印象がよくなります。

クリエイター専門のシェアオフィスでの登記という事ですので最新の仕事をしている雰囲気が漂います。

実際にヨーロッパや東京などではシェアオフィスでの会社登記が当たり前になっておりその登記したシェアオフィスで取引先の信頼性が変わるという事もあります。

またシェアオフィスで会社の登記をするという事ですので少なくない期間シェアオフィスの事務所で過ごす事になるわけです。

そうなると1人でマンションの一室で会社を始める時と全く環境が異なります。

常に情報や交流のいきかうシェアオフィスですのであなたの会社にとっては価値ある情報が継続的に入ってくる環境になるというメリットが生まれます。

シェアオフィス登記のデメリット

  • 会社の規模が大きくなり移転する可能性がある

シェアオフィスで起業し法人化して登記をする際には小さな規模だったビジネスが成長とともに大きな賃貸スペースが必要なケースが出てくる事があります。

その際にシェオフィスの事務所だと手狭になり本社自体の登記住所を移転する場合もあります。

その際に登記住所を変更するのがちょっと手間になるというデメリットがあります。

しかしながらビジネスが大きくなってもシェオフィスの事務所をそのまま使用し本部事務所として使い登記変更をしない。という選択肢もありますし、登記の変更自体にもさほど難しいものではありません。

実際に私も法人の会社登記の本社所在地の住所変更を行いましたが法務局に行き申請書を受け取り申請事項を書き込み提出するだけです。

個人事業主の方も商業登記可能

個人事業では通常であれば開業の際に登記は必要ありませんが、フリーランスの方で取引先への信用を上げたいといった目的での商業登記もジテキベース仙台シェアオフィスでは可能です。

その際には法人登記と同様に、「個室シェアオフィス」と「郵便ポスト契約」が必須となります。

ジテキベース仙台シェアオフィスでは個人事業の方の入居も大歓迎ですのでフリーランスのデザイナーの方やクリエイターの方もぜひご検討下さい。