このページを見ているあなたはシェアオフィスという言葉は聞いた事があるけど実際にどういった場所なのか分からない…という方がほとんどだと思います。
そこで今回は実際にシェアオフィスに入居している私がシェアオフィスを選んで決める際に注意すべき6つのポイントについて解説したいと思います。
この事について知っておかないと実際に契約をして入居を始めてから「こんなはずじゃ無かった…」「解約したいけど結構費用が掛かる…」という事にもなりかねません。

シェアオフィスを選ぶ6つのポイント

まず初めにシェアオフィスを選ぶ際に押さえておかなければならない「6つのポイント」をお伝えいたします。

シェアオフィスを選ぶ際の6つのポイント
  1. 月額費用
  2. 使用面積
  3. ウェブサイトに掲載されていない価値
  4. 他の入居者
  5. サービス内容
  6. 立地

シェアオフィスを選ぶポイント1:月額費用(家賃)

何と言っても重要なのは「月額費用(家賃)」です。

シェアオフィスを選ぶ方であれば個人事業主や中小企業の方やスタートアップで起業したての方が多いはずですので毎月掛かるランニングコストの代表である「月額費用」には徹底してこだわらなければなりません。

シェアオフィスに掛かる月額費用には以下のようなものがあります。

シェアオフィスで掛かる月額費用
  • 月額家賃(使用料)
  • 月額管理費
  • その他サービス費用

それでは実際に家賃はビジネスの売り上げに対してどの程度が適正なのでしょうか?

ビジネス売上に対しての家賃の目安
  • 家賃は月商の「8~10%程度」が目安
    例:月の売上が100万円前後であれば家賃の目安は「8万円~10万円程度」
  • または「売上3日分以内」で払える金額が目安
    例:1日の売上が3万円であれば家賃の目安は「9万円程度」

これはあなたのビジネスの業種によっても異なりますが一般的に「月の売上の8~10%程度」が適正と言われています。

実際に私自身が経営している会社での肌感覚としてもこの比率は適正と言えます。

シェアオフィスを選ぶポイント2:使用できる面積

使用できる面積というとちょっと分かりずらいですが、シェアオフィスの特徴としてほとんどの施設が「共有スペース」や「ミーティングスペース」などあなたが契約するスペース以外に共有で使えるスペースがあります。

ウェブサイト上の募集内容だけで見ると通常の事務所賃貸よりも個室の使用面積が少なく見えてしまいますがシェアオフィスは実際にはこういった共有スペースなどの「契約書に掲載されない使用できる面積」が多く含まれています。

そしてこの共有スペースなどの場所こそがシェアオフィスを借りる大きなメリットとなります。

共有スペースの使用事例
  • クライアントさんとの打合せ
  • プレゼンテーション
  • セミナーやスクールに使用

実際に上記のような事例で使えますので一般的なシェアオフィスではない事務所では同じ賃料でこういったスペースを用意するのは難しいですからこういった面積の分も頭に入れてシェアオフィスの入居先を検討してみて下さい。

シェアオフィスを選ぶポイント3:ウェブサイトでは掲載されていない価値

これもシェアオフィスあるあるですがほとんどのシェアオフィスがその魅力を「ホームページ上では掲載しきれていません」

私が実際にシェアオフィスで入居をしていて分かった事例をご紹介いたします。

ウェブサイトで掲載しきれない価値の例
  • シェアオフィス運営者自身も起業家なのでビジネスについての話が出来る
  • 入居者同士での協業(コラボレーション企画)を行える
  • 他の入居者に訪問したクライアントが自分のサービスにも興味を示してくれる

など実際にはまだまだシェアオフィスには他にも魅力はありますが代表的な事だけでもこのような事があります。

これは実際にシェアオフィスに見学に行ったり運営している担当者やオーナーに話を聞くことである程度入居までも分かりますのでぜひ実際に興味のあるシェアオフィスに行って話を聞いてみて下さい。

ホームページに掲載している情報は数あるシェアオフィスの魅力の半分も掲載されていない事が分かるはずです。

シェアオフィスを選ぶポイント4:他の入居者

シェアオフィス選びで重要な点の1つに「他にどんな人が入居しているか?」というポイントもあります。

シェアオフィスは他の事務所よりは簡単に解約は出来ると言っても出来れば1度入居したら長くいたいですよね?

通常のオフィス賃貸に比べシェアオフィスは入居者さん同士でのコミュニケーションの機会が数多くあります。

その為シェアオフィスの中で「ちょっと気が合わないな…」という方がいると毎日の出勤が苦痛になってしまいます。

それを防ぐ方法としては、

  • 実際に物件を内覧しに行く
  • 管理者やオーナーに入居者の話を聞く

この2点がポイントとなります。

実際に自分が苦手意識を持つタイプの人を伝えるというのも手の1つです。

「私は〇〇といったタイプの人がちょっと苦手なんですがそういった感じの方は現入居者の方の中にいらっしゃいますか?」

このように素直に聞いてみると意外と様々な事を教えてもらえます。

シェアオフィスを選ぶポイント5:サービス内容

シェアオフィスを選ぶ際には「サービス内容」についてもしっかりと吟味しましょう。

現在シェアオフィスには様々なサービスがございます。

シェアオフィスサービス一例
  • 受付(コンシェルジュ)サービス
  • 郵便物・宅配便の受取、発送サービス
  • フリードリンクサービス
  • 24時間利用可能

など様々なサービスがあります。

そしてサービスについて1つ重要な点があります。

それは「サービスの内容はそのまま月額費用に跳ね返ってくる」という事です。

確かにコンシェルジュさんが常駐してくれて受付や案内をしてくれるのはありがたいですが、そのコンシェルジュさんの人件費は全てあなたが毎月支払う家賃に上乗せされています。

サービスの内容をよく吟味し、「このサービスは自分のビジネスにとって費用対効果が高いか?」という視点からシェアオフィスを選びましょう。

例えばあなたのビジネスがオフィスに来客するクライアントさんの客数が非常に多く毎回出迎え対応などするのは手間というのであればコンシェルジュサービスのあるシェアオフィスは費用対効果が高いと言えます。
しかし「なんかコンシェルジュいるオフィスってオシャレじゃね?」という程度でそのシェアオフィスを選ぶのは経費の無駄使いと言えます。

 

シェアオフィスを選ぶポイント6:立地

シェアオフィスを選ぶポイントとして意外と侮れないのが「立地」です。

ビジネスの拠点として借りるシェアオフィスですので週に5~6回はシェアオフィスに通うはずです。

そのシェアオフィスが「駅からちょっと遠い」・「駐車場からちょっと歩く」というこの”ちょっと”という距離が後々苦痛になります。

そりゃ毎日毎日通勤する距離ですので少しでも無駄な距離を移動する時間をなくすべきです。

結構設備やサービスに引かれて契約したけどちょっと遠いんだよな~…という声は様々なシェアオフィスに入居している方から聞く意見ですので参考にして下さい。

更に考えなければならないのはあなた自身だけの事ではなくビジネスが拡大した際には「人の採用」をしなければなりません。
その際に駅から遠くて通いずらい…というのは採用のデメリットとなってしまいます。

こういった点まで考えてあなたのビジネスの拠点となるシェアオフィスを選びましょう。

私個人としておすすめは「やっぱり駅から徒歩10分以内」が間違いありません!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

シェアオフィスを選ぶ際のポイントが掴めましたでしょうか?再度シェアオフィスを選ぶ際の6つのポイントについて確認しましょう!

シェアオフィスを選ぶ際の6つのポイント
  1. 月額費用
  2. 使用面積
  3. ウェブサイトに掲載されていない価値
  4. 他の入居者
  5. サービス内容
  6. 立地

シェアオフィスを選ぶ際には以上のポイントをしっかりと把握した上であなたが納得出来る場所を選びましょう。

またすべての条件を満たすシェアオフィスが無い場合にはあなたのビジネスにおいて欠かせないポイントを洗い出しどの点において折り合いを付けるかどうかも重要なポイントです。

またシェアオフィスはインターネット上にまだまだ情報が少ないので実際にシェアオフィスに行って見学してみる事で分かる事が多々ありますので気になるシェアオフィスがあったらまずは見学だけでもしてみましょう。

どのシェアオフィスでも見学の受付や一時利用は受け付けておりますのでお気軽に問合せをしてみましょう。

もちろん弊社が運営する「ジテキベース仙台シェアオフィス」も常に内覧の受付を承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。