あなたはシェアオフィスという最近東京などの大都市で流行っている新しい形のオフィス賃貸の形を知っていますか?

シェアオフィスとは情報共有や人とのつながりを目的とした会社や個人が共同で入居する比較的新しい賃貸サービスの形です。

今日はそんなシェアオフィスについて以下の点について説明させていただきます。

  • シェアオフィスとは?(種類や実際の事例)
  • シェアオフィスのメリットデメリット
  • シェアオフィスの料金
  • どんな人がシェアオフィスを借りるべきか?

今あなたのビジネスでシェアオフィス賃貸を検討しているのであればこの記事を読む事であなたも最新のシェアオフィス事情を一気に知る事が出来ます。

シェアオフィスとは?

シェアオフィスとはまだ一般的には聞きなれない事務所賃貸の形式ですが意外にその歴史は古く日本では弁護士や税理士さんなどの士業やデザイナーなどのクリエイターの方などが共同で事務所を構えたのがはじまりです。

一般的には個室のオフィススペースを囲むように共有スペースなどが配置されておりその共有スペースで入居者同士の交流などが行えます。

物件によってはミーティングスペースなども設置されている場所もありクライアントとの打ち合わせ等に使う事が出来ます。

また近年では会議室や喫煙スペースがあったり、設備としてフリードリンクや無料WiFiが付随する物件も増えてきています。

シェアオフィスに付随するスペースとして「コワーキングスペース」という契約の仕方も増えてきています。
※コワーキングスペースとは固定席を賃貸契約し開かれた空間の中で様々な人とコミュニケーションを取りながら働くスペースの事です。

このように単独でオフィスを借りると実現出来ないようなスタイルで働く事が出来るという魅力から近年シェアオフィスという賃貸の形式を選ぶ人や会社が増えてきています。

また現在では会社登記が出来るシェアオフィスもあり本格的なビジネスの拠点としての使い方も可能となってきています。

シェアオフィスの形式

一言でシェアオフィスといっても物件の大きさやオーナーの意向によりその形は様々です。

契約方式も月額のサービスがあったりドロップインなどの時間貸し等のサービスがあったりと様々です。

そこでここではシェアオフィスとはこんな感じなんだぁ〜!と分かりやすいように形式の違いと実際の事例を合わせてご紹介いたします。

個室シェアオフィス

1人用から3,4人まで使えるような個室のシェアオフィスです。

通常の事務所やテナントと同じように月単位での賃貸契約を結びます。

通常はラウンジやミーティングスペース等の共有スペースを中心に個室が配置されるような形式となっています。

物件によっては鍵も付いているところもありそういった場所であれば事務所としての使用も可能です。

個室シェアオフィス事例

シェアオフィスの個室の実例

image credits:www.thebusinessexchange.co.za

上記のように個室内が見通しよくコミュニケーションを取り易い物件もあれば、個室は個室として完全にプライバシーが保たれるシェアオフィスもあります。

個室シェアオフィス事例

image credits:www.comotiongroup.ca

しかしここ日本では消防法の関係上上記の実例の写真のように個室となっていても部屋の上部が開いている物件が多いです。

半個室シェアオフィス

またシェアオフィスの中には「半個室」のシェアオフィスも存在します。

半個室のシェアオフィスのイメージとしては漫画喫茶のような上半分が空いているような物件です。

コワーキングスペースほど開かれてはいませんがプライバシーもある程度守る事が出来ます。

鍵などは付いていませんのでビジネスの内容によっては適さない場合もあります。

半個室シェアオフィス事例:渋谷MOV

半個室シェアオフィス事例渋谷mov

image credits:www.shibuyamov.com

このような仕切りのついたスペースとなっています。

これは海外ではあまり見かけない形式で日本独自の形式と言えるでしょう。

固定席・自由席(コワーキングスペース)

シェアオフィスの中にはコワーキングスペースという個別に仕切られていない空間で仕事をするスペースを備えてある物件もあります。

コワーキングスペースとは?
コワーキングスペースとは英語で『CO-walkingspace』と書きこの”CO”とは”共同”を意味します。
つまりコワーキングスペースとは様々な入居者が共同で使えるスペースという事です。

なかなかイメージしずらいと思いますので下記の実際の事例をご覧下さい。

コワーキングスペース固定席の事例:

コワーキングスペース内装事例紹介画像

image credits:vulcanpost.com

コワーキングスペース自由席の事例

コワーキングスペース紹介画像

image credits:www.habu.co/blog/

コワーキングスペースは日本はもちろん世界中に多種多様な物件がありますのでそういった物件の内装などを見ているだけでも楽しくなってしまいます。

またコワーキングスペースに自由席のあるシェアオフィスではドロップインという時間貸しのサービスを提供しているシェアオフィスもあります。

ドロップインとは?
月極契約をしていない人でも数時間や数日単位で自由にシェアオフィスやコワーキングスペースを使える賃貸形式を指します。

ドロップインサービスを利用して実際にシェアオフィスを体験してみるのも面白いかもしれません。

シェアオフィスのメリット・デメリット

それでは次にシェアオフィスのメリット・デメリットについてお話しさせて頂きます。

これを知らないとせっかく入居したのにここが不便だ…。とかこんなはずでは無かった…。

となってしまいますのでしっかりと良い点と悪い点を理解した上で選びましょう。

シェアオフィスのメリット

シェアオフィスのメリット

  • 様々な人が入居しているので情報共有が出来る
  • 通常の事務所にはない共有スペースやミーティングスペースがある
  • 仕事の内容によっては他の入居者とコラボレーション出来る事もある

シェアオフィスのメリット1:情報共有

私が考えるシェアオフィスの一番のメリットはなんと言っても「情報共有」です。

なんと言ってもビジネスは情報が命です。

情報によってビジネスの成否は決まると言っても過言ではありません。

例えばある会社が今こんな問題を抱えていて解決方法を探している、あのお店がホームページのアクセスがアップしなくて困っている。

こんな情報があればあなたのビジネスはどんどん顧客が増えていくでしょう。

様々な業種の色々な人が共同で入居しているシェアオフィスというのは個人で事務所をマンションの一角に借りるより情報が格段に得る事が出来ます。

シェアオフィスのメリット2:共有スペース

シェアオフィスのメリットの2番目としてラウンジやミーティングスペースなどの「共有スペース」がある。という事が挙げられます。

シェアオフィス共有スペース内装事例画像

image credits:blog.artifact-lighting.com

共有スペースとは?
シェアオフィスの入居者が自由に使える場所。テーブルや椅子が完備されたミーティングスペースや書籍や本が置かれたライブラリーなどがある。

この共有スペースがシェアオフィスの大きなメリットの1つで、通常事務所やテナントを借りるとその一室しか自由に使う事が出来ません。

しかしシェアオフィスに付随するこの共有スペースは入居者であれば自由に使用が可能となっています。

その為共有スペースでクライアントとミーティングをしたり場合によってはセミナーを開催したりといった使い方が可能です。

シェアオフィスと通常の事務所賃貸を比較する際にはこの共有スペースまで含めた費用対効果で考える事が賢い選択と言えます。

シェアオフィスのメリット3:入居者同士のコラボレーション

シェアオフィスは入居者同士のコミュニケーションが活発です。

シェアオフィス入居者同士のコラボレーション画像

image credits:www.sunset.com

また各個人がそれぞれスキルを持った人たちの集まりですので一人の入居者の方がクライアントから受けた案件を協業して作り上げる事もあります。

そうなると今まで自分のスキルや仕事の範囲ではなくて断っていた大きな仕事を受注する事も可能です。

この点もシェアオフィスに入居する際の大きなメリットと言えます。

シェアオフィスのデメリット

シェアオフィスのデメリット

  • プライバシーやセキュリティーは通常の事務所賃貸より劣る
  • 良くも悪くも入居者同士の距離感が近い

シェアオフィスのデメリット1:プライバシー、セキュリティーが高くない

シェアオフィスは共同オフィスという事もあり一般的な事務所やテナントに比べプライバシーが完全に保たれる訳ではありません。

特にコワーキングスペースですと周りに他の入居者とあなたを物理的に隔てる壁などがありませんのでプライバシーはないに等しいです。

しかし個室が用意されているシェアオフィスの物件であればある程度のプライバシーを保つ事が出来ます。

物件によっては個室ごとに鍵などがある物件もありますので入居の際には必ず確認しましょう。

同じ事がセキュリティー面でも言えます。

あなたのビジネスが多額の現金を扱う仕事だったり重大な個人情報を扱う仕事であればシェアオフィスを選ぶという選択肢は事業のリスクヘッジの観点から賢い選択とは言えないでしょう。

これはシェアオフィスに限らず事務所・テナントを選ぶ際にはあなたのビジネスの適正によって選ぶべきでしょう。

シェアオフィスのデメリット2:入居者同士の距離感が近い

これは良い点にもなりえますが悪い点にもなりえます。

シェアオフィスとは基本的に共有スペースを中心とした共同形式の賃貸物件ですので例えば毎朝あなたがオフィスに出勤する時には必ず共有スペースを通る訳です。

そこで顔なじみの入居者の人と会ったら挨拶から始まり雑談に変わり気づいたら数時間経っていて仕事が全然進まない!

なんて事も起こりえます。

しかしこのデメリットもあなた自身が仕事に対しどう向き合うかの問題でシェアオフィスでも通常の事務所物件でも同じ事は言えます。

このようにシェアオフィスにもメリット・デメリットがそれぞれありますのでそれぞれを理解した上であなたのビジネスに合うかどうかを検討するようにしましょう。

シェアオフィスのお金(料金・契約)の話

ここではあんまり世の中に出回っていない情報である「シェアオフィスの月額家賃の相場」「契約の形態」についてご説明させていただきます。

シェアオフィス家賃料金の相場

そんな近年大人気のシェアオフィスですが実際の料金の相場はどうなっているのでしょうか?

東京・大阪などの大都市のシェアオフィス相場

  • 駅の近くで立地が良く設備等が整っている大手シェアオフィス …賃料:1坪4~8万円程度
  • 駅からそれほど近くないシェアオフィス …賃料:1坪2.8~4万円程度

やはり首都圏や大都市のシェアオフィスは坪当たりの家賃は高く、最新のシェアオフィスですと1人で借りようとしても「8万円~16万円程度」は掛かります。

駅からそれほど近くない築年数の経っている物件のシェアオフィスを選んでも「5万~10万円」程度は掛かります。

福岡・仙台などの地方都市のシェアオフィス相場

  • 駅から近くで立地がよく物件の築年数の浅いシェアオフィス …賃料:1坪3~6万円程度
  • 駅からちょっと遠く築年数の経っているシェアオフィス …賃料:1坪2.5~4万円程度

仙台などの地方都市のシェアオフィスでも駅至近で築年数の浅いシェアオフィスは1人用の物件を借りようとしても個室シェアオフィスですと「6万円~12万円」は掛かります。

駅から離れ築年数の経っているシェアオフィスを選ぶことで「4万円~8万円」程度におさえることが出来ます。

首都圏の大都市も地方都市のどちらにも言える事は「築年数が浅く」・「設備が豪華」・「管理人が常駐」するシェアオフィスは家賃が高くなります。

また時間貸しスペース(ドロップイン)などの受付があって管理人が常駐しているシェアオフィスも賃料が高くなります。

家賃はビジネスを行う以上毎月必ず掛かるランニングコストですのでしっかりと検討した上で費用対効果(コストパフォーマンンス)を考え決めましょう。

シェアオフィスの賃貸契約の形

シェアオフィスと言っても賃貸契約は通常の不動産賃貸と変わりません。

以下にシェアオフィス入居時に必要な料金の内訳をまとめました。

入居時必要費用 目安 備考
敷金 月額賃料の1〜3ケ月分 解約時に居室に問題が無ければ返却
礼金 月額賃料の1ケ月分、もしくは無し 近年は無い物件が多い
初月家賃 初月の月額家賃 不動産契約は基本的に前家賃
入居手数料(※1) 物件により異なる 物件ごとのサービスによって異なる

※1入居手数料とは?
シェアオフィスによっては入居者に向けたサービスが手厚い物件もありホームページへの掲載やネームプレートの作成、鍵の交換代などがこういった入居手数料に含まれます。

上記は全国的にほとんど共通していますのでシェアオフィスへの入居を考えている方は上記の金額合計に「不動産屋さんへの仲介手数料」が別途1ケ月分掛かる。と覚えておきましょう。

シェアオフィスにオススメな入居者

ここまでシェアオフィスのメリットやデメリットについて、また料金についてお話ししてきました。

いかがでしょうか?あなたのビジネスにシェアオフィスという選択肢は合致するでしょうか?

高山さん
いや〜…でもまだちょっと自分の事業がシェアオフィスに合っているか分からないなぁ〜

そんなあなたの為にここではどんな人が実際にシェアオフィスを利用しているかご紹介させて頂きます。

起業した直後の人

ビジネスの創業期にありまだまだ事業の規模や掛かる経費が固まっていないステージの人。

創業期には「出来る限り固定費を掛けない」ことが最重要です。

シェアオフィスであればビジネスの規模に合わせて引っ越しをする事も容易ですので創業期・スタートアップの方には最適な選択と言えます。

起業したてで実際にクライアントと会ってミーティングするのが週に2,3回しかないような方。

様々な業種や職種の人と積極的にコミュニケーションを取りたい人

シェアオフィスという特性上常に様々な人が出入りをします。

そこで様々な業種の人とコミュニケーションを取り新たな事を生み出したいというモチベーションが高い方にもシェアオフィスという賃貸契約の形態は向いています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

シェアオフィスという賃貸の形を選択する事で得られるメリットは、

シェアオフィスのメリット

  • 様々な人が入居しているので情報共有が出来る
  • 通常の事務所にはない共有スペースやミーティングスペースがある
  • 仕事の内容によっては他の入居者とコラボレーション出来る事もある

逆にデメリットは、

シェアオフィスのデメリット

  • プライバシーやセキュリティーは通常の事務所賃貸より劣る
  • 良くも悪くも入居者同士の距離感が近い

となっています。

シェアオフィスは通常の事務所を借りるのとほとんど変わらない金額で賃貸できるシェアオフィスを選ぶべきビジネスとそうでないビジネスがありますので、「費用対効果」から考えあなたのビジネスに最適な選択をするようにしましょう。

また「【厳選5ケ所】世界のオシャレなシェアオフィス・コワーキングスペース」という別の記事で世界中の魅力あるシェアオフィスについて紹介もしていますので興味のある方はぜひご覧ください。